探偵社選び

探偵社に依頼したいけど、いったいどこにしたらいいのか・・・?
そして支払うお金は?多分そうとう高いのだろうなと、考えるとなかなか前に進めません。

 

確かに探偵社や興信所に調査依頼をすると、決して安い費用ではありません。怪しいところに依頼してしまうと、詐欺まがいのところもあるといいます。

 

探偵になるには、公安委員会へ届け出て許可が下りなければ探偵業を営むことはできません。平成19年6月に探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)が施行され、内閣府令で定める書類を公安委員会へ提出しなければならないのです。

 

ホームページを閲覧して「探偵業届出証明書」が記載されているか確認をしてみてください。
しかし、届出があるからといってその探偵社が有能であるかはわかりません。調査員がアルバイトであったり、秘密が漏えいしてしまったりでは状況が悪化するばかりです。調査員がちゃんとした経験者であるかの確認も必要です。

 

また調査報酬として高額な料金を請求されるというトラブルもよくあります。事前に見積もりの提出をさせて、しっかり確認をしておく必要があります。ホームページなどで、複数の探偵社の料金を把握しておけば自分が依頼しようとしている探偵社の料金が高いのか安いのか判断できます。

 

料金が安いからといっていいかげな調査しかしないとも限りません。また料金が高くても必ずしも調査技術が優れているとも言い切れないのです。

探偵への報酬は

探偵社や興信所に支払う費用はさぞ高いのだろうと思うと相談したくても躊躇してしまいます。
調査費用は探偵社や調査内容によって異なります。調査料金の基準となるべきものがまだ確立されていないのが現状です。

 

ただ、インターネットが普及して探偵社や興信所の情報公開が進んでいるため、基本的な料金は分かりやすくなってきました。極端に低料金をアピールする探偵社もありますが、却って不信に思ってしまいます。

 

調査料設定の内訳は、人件費、交通費、車両費、報告書作成費などからなります。
例えば、尾行調査の場合、調査員2人で8時間15〜16万円になります。
1人の調査員で、1時間1万円という計算です。ここに車両を使ったり機材を使うと加算されてきます。

 

人探しや行方調査などは着手金と成功報酬での料金設定をしている探偵社もありますが、最近では使い料金の発生しない料金設定を提示している探偵社もあります。料金は依頼者にとってはとてもネックになることでもありますから、明朗な料金設定をしている探偵社に人気があるようです。

・名古屋で不倫調査ならどこがおすすめ?

以外に利用者は多い

自分には全く関係がないと思っていた、探偵・興信所に相談することになるなんて、という人は意外に多いのです。
相談者にとっては、突然の事故にあったようなものかもしれません。
あるいは、長年の我慢が限界に達したあげくの行動となったのかもしれません。

 

調査依頼の内容はやはり浮気調査がダントツのようですが、今や日本も3組に1組の離婚率だということは、探偵・興信所が商売として成り立つのも理解できます。離婚するカップルも若い層だけではなく、長年連れ添ってきた一見平和そうな夫婦が、ある日突然別れてしまうという熟年離婚がとても多いのだそうです。

 

離婚を有利にすすめるために、探偵社や興信所を利用するという例も多く浮気や暴力、賭博などの現場写真、借金の証拠書類などは離婚をしぶる夫(妻)へのプレッシャーになります。また離婚の際の財産分割や慰謝料を決める際に有利になります。

 

探偵や興信所への報酬は、一般のサラリーマン家庭などでは、ためらってしまうような金額になることがあります。それでもつらい現実から逃れるために相談に訪れる人がいるということなのです。

 

探偵社や興信所では相談を無料に設定しているところが多く、とにかく一度相談してみて依頼するかどうかはゆっくり考えればいいのです。
全くの他人に話すことで以外に道が拓けたり、心の中のモヤモヤが整理でき、スッキリして自分で解決してしまっという例もあります。

 

探偵に依頼する案件

探偵社や興信所への相談は浮気、不倫が一番多いのですが、家族や好きな人が急にいなくなったなど人探し・失踪、また住所調査、身辺調査、身元調査などがあります。

 

また結婚したいと思っている人の素行調査などが以外と多いようです。
これは日本では昔からある調査によく似ているもので、お見合い結婚などでは相手のことがよくわからないことから、縁談を勧めてくれる人の資料をもとに親や親族が現地に行って、近隣の人などから縁談相手の人となりや親の身元や財産状態などを聞いて回る、「聞き合わせ」などと言われることをプロにしてもらうということです。

 

結婚をクールに考えている女性や、相手のことをもっと知りたいという場合また、相手が自身の身元や家族のことを話したがらないなど不安に思うことがあると探偵や興信所を利用するというケースになるようです。

 

どちらにしても、探偵社・興信所の相談案件は男女の問題に関するものがメインとなっています。浮気や不倫調査の需要はいつの世にも存在し、減ることはありません。

 

更新履歴
ピアノ買取